光明寺 出灰不動尊(高槻)

火伏不動 出灰不動尊(いずりはふどうそん)


 我が国では、神代の頃から、三国境界点は方位の影響を受けない強運の聖地として信仰されてきました。
 出灰(いずりは)も、摂津、山城、丹波の三国境界の起点にあたる上古よりの『パワースポット』で、朝廷に献上した良質な石灰を産出したことから「ゐづりは」や「ゆずりは」と呼ばれるようになったと伝わっています。
 今でもこの渓谷は京都府と大阪府の境界で、現在の本堂(阿字観堂)のある場所や不動之瀧への入山口は高槻市出灰ですが、実際に不動之瀧や奥之院がある入山口の橋から先は京都市西京区大原野出灰となります。
 八つの滝を擁する出灰不動谷は、役小角(役行者634伝~706伝)が日本で初めてとなる毘沙門天を安置したという加茂背山(ポンポン山)の北斜面に位置し、古来、山岳信仰の行場として不動明王がお祀りされてきました。
 京に都が遷った後も江戸期に至るまで、この一帯は都の西方を護る西山最深部として信仰を集めた土地でした。
 とんち話で有名な一休宗純(1394~1481)が、戦乱の喧騒に明け暮れる都への厭世観から、この地に尸陀林(釈尊在世時のインドにあった葬送地)を重ね合わせ、決死の覚悟で隠遁した地として知られていますが、当時は現在より遥かに過酷で厳しい山中であったといえます。
 過酷さゆえ、前世紀には不動之瀧への道も閉ざされてしまいましたが、平成元年、この道を再び切り拓き、真言宗の修行寺院として再興したのが現在の出灰不動尊です。
 光明寺では、瀧場に隣接する行場・奥之院に加え、新本堂(阿字観堂)や、いづりは瞑想道場の整備を進め、この聖地で密教の修法とその功力をより多くの方々に体感していただいております。

  修行体験バナー
  一日修行体験会は↑ここをクリック

 出灰不動尊では、毎月第一日曜日の一日修行体験会(予約制)と 毎年二月第二日曜日の星祭 開運厄除火渡大祭で、 一般の方々にも、この聖地で密教の修法とその功力を体感していただいております。


不動之瀧

阿字観堂

阿字観堂(新本堂)

出灰バス停から約400m。古民家をお堂に改装した阿字観堂です。

阿字観堂

新本堂

毎月第一日曜日の一日修行体験会(護摩会)、毎月28日の先祖供養は、ここで修法いたします。

出灰不動尊 入口

奥之院・瀧場
入山口

阿字観堂から約700m。この看板(左)の先にある橋が大阪・京都の境界です。

奥之院・禊之澤

奥之院へ登る階段の中腹にある禊之澤(みそぎのさわ)では流水灌頂が行われます。

奥之院・護摩壇

柴燈護摩を修法する護摩壇。

旧本堂

平成30年、老朽化のため移転した、かつての本堂

本尊
大日大聖不動明王

本尊(左)は、我が国に伝わる不動尊像としては大変珍しい剣を振り上げた姿をしています。 瀧の岩戸に祀られているお不動さん(右)はいつの時代からここに祀られているのか不明です。

水掛不動

矜羯羅童子(こんがらどうじ:左)と制多迦童子(せいたかどうじ:右)を従えたお不動さん。一心に願いを込め3回水をかけてお祈りください。

出灰鎮守社

山城(京都)出灰の鎮守社。古来、住吉大明神と大歳神である栢森大明神がお祀りされています。

不動之瀧

不動之瀧

鎮守社の横の細い道を抜けてさらに進むと不動之瀧が現れます。出灰不動谷には、この不動之瀧、禊(みそぎ)之瀧をはじめ、まさに秘境と呼ぶにふさわしい八つの瀧があります。

神変大菩薩像

出灰は古墳時代からの聖地。役行者(えんのぎょうじゃ)ゆかりの加茂背山(ポンポン山)斜面には神変大菩薩をお祀りしています。 この地は京都側からは「西山」と呼ばれる一体の最西端で、一休宗純や桂昌院などが篤く信仰していた場所でもあります。